TAMAヒーリングオフィスでは、このような知識と技術を組み合わせて、患者さんにあった治療をしていきます。

急性腰痛や慢性腰痛、首の痛み

急性の腰痛や首の痛みを起こす椎間板ヘルニアに対して特殊なフレクションベットを使用して治療します。帰国後、17年間で400回以上のテクニックセミナーを通じて指導してきましたが、非常に有効な治療成績を上げています。

また、脊柱管狭窄症による腰痛や痺れにも特殊なベットで対応しています。

この疾患に対しては当院での治療と共に自宅でのリハビリ体操が重要です。

自律神経の不調

自律神経の不調により不眠、頭痛、胃腸障害などが出ることはよく知られています。

自律神経系のアンバランスの治療は頭蓋骨を通して脳のねじれを調整するクラニアルセラピーを行い身体中を循環している脳脊髄液やリンパの流れを正しくします。

また、内臓不調には体表面から内臓の動きを調整する内臓マニュピレーションを行います。いずれの技術も米国で開発され広くヨーロッパや米国で施術され効果を上げています。

院長、スタッフ共に米国アプレジャー財団で研修して技術を習得しています。

リハビリ

治療は治療院の中だけで終わるものではありません。治療後に自宅でできるリハビリを指導いたします。治療院での治療と自宅でのリハビリが回復への最短コースであり、通院日数も大幅に減らすことができます。

ジャパンナショナルチーム、リレハンメル、トリノオリンピックチームトレーナーの経験を生かして腰痛や肩、膝、足首などのリハビリ体操を指導します。

ロサンゼルスカイロプラクティック大学最終学年で地域最大のカリフォルニア州立大学ノースリッジ校リハビリセンターで半年間の脳疾患後遺症に対するリハビリインターンを終了しまた。

骨折後のリハビリや脳疾患による後遺症のリハビリも治療後に行います。

産後の骨盤矯正

出産により歪みの出た骨盤は、出産後3ヶ月くらいで安定してきます。
この時期に骨盤の歪みを正しくすることは後々の腰痛や体の不調を予防する上で大切です。

カイロプラクティック

カイロプラクティックは、米国で医学として発達した手技療法です。したがって、免許は医師免許であり健康診断や労災保険の診断書、死亡診断書も作成します。

帰国後、日本のカイロプラクティックを医学としての知識と安全性におけるレベルを上げるため全国で400回以上のセミナーを行ってきました。しかし、カイロプラクティックテクニックにも危険なテクニックがあることも事実です。特に頚椎に対する粗暴なテクニックは事故を起こしています。

頚椎の施術は非常に効果が高い反面、高度な技術と知識が必要です。当院では、詳細な事前検査と米国で最も安全であると広く認められているアクチベーターという器具を使用した施術を行っています。

無理に首をひねる事なく非常に軽いタッチで頚椎の神経的な不調を改善します。



TOPへ戻る







※赤字がお休みです。